非選択 選択 非選択 非選択 非選択

会長挨拶

会長近影

広島県地域保健対策協議会は、県内における保健・医療・福祉に関する事項を総合的に調査、研究、協議し、その結果を保健医療施策に反映させ、もって県民の健康の保持・増進と福祉の充実に寄与することを目的として昭和44年に設立されました。これまで多くの提言を行政等の関係機関に対し発信し、多大な成果を挙げてきた、全国でもあまり類を見ない組織です。

さて、現在、広島県は、医師の絶対数の不足・地域偏在、医師をはじめとした医療関係者の過酷な勤務環境や、今後の超高齢社会における「在宅医療」のあり方など、喫緊に解決を図らなければならない多くの課題を抱えております。

県地対協としては、各地区の意見等も勘案し、相互の連携を強化した上で、今後はこれらの計画の実現を目指し、関係者間でさらなる協議を重ねていく必要があると考えております。

そのほか、感染症に対する危機管理体制の構築や、大規模災害への対策、医薬品の適正使用等についても協議・検討を行いました。

各種委員会活動は、本ホームページでも、過去の報告もご覧いただけます。引き続き広報の充実を図ってまいりたいと考えております。

このように県地対協では、それぞれの専門家が分野を超えて一致協力して問題解決にあたる場として活発な活動を行ってきておりますが、今後はより明確に、各団体がそれぞれの使命をもった上で、県地対協としての責務を果たすべく邁進して参る所存です。

今後とも県民の健康と安全を守るために、皆様方のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成25年11月

広島県地域保健対策協議会
会長 平松 恵一

地対協について
  • 地対協とは
  •  
  • 組織図
  • 規約
  • 圏域地対協一覧
ACPの手引き 使用・引用について 広島県地域保健対策協議会 住所 〒732-0057 広島市東区二葉の里三丁目2番3号 広島県医師会 地域医療課 内 TEL 082-568-1511 FAX 082-568-2112